府民の守り神「いくたまさん」を目の前にした大都会のなかのオアシス

生玉公園

遊具のある広場
遊具のある広場

大阪では「いくたまさん」の呼び名で知られる「生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)」を東から西に取り囲むようにしているのが「生玉公園(いくたまこうえん)」。松屋町筋からほぼ谷町筋までの間をまたがる広大な敷地には「花の公園」として大阪市内が指定する「桜」が見どころの公園のひとつでもある。

「生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)」
「生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)」

東には上本町、西には難波、南は「あべのハルカス」がそびえる天王寺。大阪中心部のなかでも交通の要衝ともいえる「谷町9丁目」交差点からほんの近くである。谷町筋側には遊具も備えた広大な広場で休日には子ども連れの家族で賑わう。道路を挟んでいくたまさんと隣り合わせになる西側には桜や寒椿の植えられた遊歩道、野球グラウンド、松屋町筋沿いの街並みを見下ろせる展望台もある。

野球グラウンド
野球グラウンド

並木道からは大阪の街が見える
並木道からは大阪の街が見える

展望台から下りさらに西に進むと勾配のある並木道とその沿道には歴史を感じる大木も茂る。さらに西に進むと松屋町筋側へと抜け、再び大阪の街とご対面になる。にぎやかな大阪の街の喧騒から遮られた広大な都会のオアシスとなっている。

生玉公園
所在地:大阪府大阪市天王寺区生玉町13 

詳細地図