地上300mから見下ろすパノラマ風景

あべのハルカス

あべのハルカス
あべのハルカス

近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅に高さ日本一のビルとして2014(平成26)年にオープンした「あべのハルカス」。「阿部野橋ターミナルビル」の中核となるビルで、日本一の営業面積を持つ百貨店「あべのハルカス近鉄本店」、外資系高級ホテル「大阪マリオット都ホテル」、都市型美術館「あべのハルカス美術館」や展望台「ハルカス300」などから構成されている。ハルカスは「心を晴れ晴れとさせる」という意味の古語「晴るかす」から名づけられた。

あべのハルカスを含む「阿部野橋ターミナルビル整備計画」は、2007(平成19)年に発表され、近鉄百貨店阿倍野店の解体や「大阪阿部野橋」駅の改札移設などを経て2010(平成22)年に着工。2014(平成26)年に、高さ300mと日本一の高さのビルとして生まれ変わった。大阪屈指のターミナル駅に直結しており、市内外のハブ、大阪の南の玄関として阿倍野の発展を支えている。

あべのハルカス
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 
電話番号:06-6621-0300(ハルカス300インフォメーションセンター)
開館時間:施設により異なる
休館日:施設により異なる
入館料:施設により異なる
https://www.abenoharukas-300.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ