エリア概要コラム

3駅3路線利用可能。都心が近く、豊かな暮らしが叶う高殿七丁目エリア

大阪市旭区高殿七丁目は旭区の南部に位置するエリア。3駅3路線が利用可能で、どの駅へも近く交通の便が良い。駅周辺には商業施設も充実。エリア北西には「旭区役所」「旭税務署」「旭消防署」などが立地する旭区の官庁街があり公共サービスも活用しやすい。梅田や淀屋橋など大阪の中心部へのアクセスの良さと、落ち着いた住環境が大きな魅力となっている。

3駅3路線を自在に利用する

「関目高殿」駅
「関目高殿」駅

高殿七丁目からは、Osaka Metro谷町線「関目高殿」駅、Osaka Metro今里筋線「関目成育」駅、京阪本線「関目」駅が徒歩圏内にあり、3駅3路線が利用可能。Osaka Metro谷町線は、大阪・梅田(「東梅田」駅)や天王寺などへのアクセスに便利な路線。「関目高殿」駅から「東梅田」駅へは約9分、「天王寺」駅へは約25分の乗車時間となっている。

大阪と京都を結ぶ京阪本線も、利用価値が大きい路線。「関目」駅から「京橋」駅へは約5分、「淀屋橋」駅へは約10分、「中之島」駅へは約20分と快適。さらに京都方面へも電車で1本でスムーズにアクセスできる。また、Osaka Metro今里筋線は、JR片町線(学研都市線)・東西線、Osaka Metro中央線・千日前線に乗り換え可能で、各地への移動に欠かせない利便性の高い路線となっている。

「新大阪」駅
「新大阪」駅

2019年3月に「奈良」駅と「新大阪」駅を結ぶJRおおさか東線が全線開通。高殿六丁目から赤川一丁目付近には新駅の「城北公園通」駅が開業して「新大阪」駅へ直通し、新幹線での旅行や出張も便利になった。このJRおおさか東線は、大阪駅北側の再開発地域「うめきた」に建設中の新駅「北梅田」駅(仮称)へ乗り入れ可能な構造になっており、将来的には話題のスポットに直結する可能性もある。

自動車交通面では、国道1号、国道163号、内環状線、都島通、城北筋などの幹線道路が高殿七丁目エリアの周辺を通る。高速道路利用の場合は、近畿自動車道の「門真IC」「大東鶴見IC」、阪神高速12号守口線の「城北出口」「森小路出入口」などが近く利用しやすい。また、旭区と東淀川区を結ぶ菅原城北大橋もアクセスしやすい場所にあるため、「淀川」を越えて大阪北部へ向かう際に便利。

スーパーが多く、買い物に便利

「万代 旭高殿店」
「万代 旭高殿店」

生活に便利な商業施設の多さもこのエリアに住む魅力のひとつ。高殿七丁目には、大型のスーパーマーケット「万代 旭高殿店」があり日常の買い物には困らない。ほかにも周辺エリアや各駅前には、「ライフ 関目店」「阪急オアシス 高殿店」といったスーパーマーケットをはじめ、ドラッグストアや商店街も数多くある。選択肢が多いので、いろいろなお店に出かけて行って、お気に入りの買い物スポットを見つけたい。

交通の利便性も高いので、話題の商業施設が続々誕生する大阪中心部でのショッピングも気軽。「グランフロント大阪」「大阪ステーションシティ」「阪急うめだ本店」などのある梅田(「東梅田」駅)、「あべのハルカス」のある「天王寺」駅、「中之島フェスティバルタワー」のある「渡辺橋」駅などへもダイレクトにアクセスできる。これらの施設は、ミュージアムやホテル、レストラン、イベントホールなどを併設しているところが多いので、ショッピング以外の楽しみ方も豊富。

「イオンモール鶴見緑地」
「イオンモール鶴見緑地」

自動車での買い物であれば、郊外型の大型商業施設も行きやすい。「三井アウトレットパーク 大阪鶴見」はファッション、雑貨、スポーツなどの人気ショップがぎゅっと詰まったアウトレット。買い物の途中に休憩をする飲食店も充実している。
「イオンモール鶴見緑地」は、イオンと専門店からなる総合スーパー。ベビールームや子どもの遊び場など子育て世帯にやさしい設備も整っているので、家族みんなで行ってゆっくり買い物を楽しめる。

リフレッシュできる施設も身近に

高殿七丁目周辺には、大小さまざまな公園が整備されている。自宅近くには「新森南公園」や「旭公園」など使いやすい規模の公園がいくつもあるので、その日の気分でどこへ行くか選ぶことができる。少し足をのばせば、桜や菖蒲など季節の花が美しい「城北公園」や、広大な敷地面積を誇るピクニックにも最適な「花博記念公園鶴見緑地」といった大規模な公園もある。
また、「淀川」も近く、水と緑の自然環境も身近。河川敷には遊歩道が設けられているほか、公園として整備されている区間もあり、散策やジョギング、サイクリングなども楽しめる。

思う存分スポーツをするなら、プール・スタジオ・ジムが完備された公共のスポーツ施設「大阪市立旭屋内プール」が利用しやすいほか、駅前を中心にフィットネス施設なども多く立地。帰宅前や通勤前などに利用できるのはうれしいポイントだ。

あわせて読みたい。関連ページ