交通アクセスやショッピング施設に恵まれ、快適な暮らしを堪能できる大阪市東成区「森ノ宮」駅周辺

大阪市のシンボル「大阪城」
大阪市のシンボル「大阪城」

「森ノ宮」駅はJR大阪環状線、Osaka Metro中央線、Osaka Metro長堀鶴見緑地線の3路線が集まり、大阪市のターミナルの一つとしてにぎわう。「森ノ宮」駅周辺には大阪市のシンボルとして親しまれている「大阪城」のほか、「大阪府庁」、「国立病院機構 大阪医療センター」も集まり、大阪市の中心地としての機能を果たす。一方、「森ノ宮」駅の東側は住宅地が広がり、住まいの場としても注目されている。

「森ノ宮」駅から3路線を利用可能

「阪急 うめだ本店」などが集まる梅田エリアにもアクセスしやすい
「阪急 うめだ本店」などが集まる梅田エリアにもアクセスしやすい

3路線が集まる「森ノ宮」駅周辺は交通アクセスの利便性も高い。「大阪」駅にはJR大阪環状線で11分、「天王寺」駅にはJR大阪環状線で10分、「本町」駅にはOsaka Metro中央線で5分、「心斎橋」駅にはOsaka Metro長堀鶴見緑地線で8分といずれも短時間でアクセスできる。

「森ノ宮」駅周辺には南北方向に玉造筋、東西方向に中央大通が通り、自動車も使いやすい。阪神高速13号東大阪線「森之宮」出入口、阪神高速環状線「本町」出口、「長堀」入口、「信濃橋」出入口も近く、高速道路の利用もスムーズだ。

多彩なショッピング施設が集まる

多彩な店が集まる「もりのみやキューズモールBASE」
多彩な店が集まる「もりのみやキューズモールBASE」

「森ノ宮」駅周辺は買い物の楽しみも多い。「もりのみやキューズモールBASE」はスーパーマーケット「セントラルスクエア森ノ宮店」に加え、ファッションや雑貨、インテリアのショップが揃い、多彩な買い物ニーズに応えてくれる。

「森ノ宮」駅には駅直結のショッピング施設「ビエラ森ノ宮」があり、スーパーマーケット「KOHYO JR森ノ宮店」などが入る。スーパーマーケットはほかにも「デイリーカナートイズミヤ 玉造店」など多くの店があり、日常の買い物を身近で済ませることが可能だ。

緑豊かで歴史が薫り、文化施設も充実

「大阪城公園」内にある「ミライザ大阪城」
「大阪城公園」内にある「ミライザ大阪城」

「森ノ宮」駅周辺は緑に親しめるスポットも充実している。とくに「大阪城」周辺に広がる「大阪城公園」は105ヘクタールという広大な敷地内に「ミライザ大阪城」、「ジョーテラス・オオサカ」、「豊国神社」、「西の丸庭園」など多彩な施設が集まり、思い思いの休日を満喫できるだろう。

「大阪歴史博物館」、「鵲森宮 (森之宮神社)」、「玉造稲荷神社」、「カトリック玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)」など歴史に親しめるスポットも多い。

また、「森ノ宮」駅周辺には「森ノ宮ピロティホール」、「大阪城ホール」、「NHK大阪ホール」など文化施設が多く、ライブやコンサートを身近で楽しめることも魅力だ。

大規模開発でさらなる発展に期待

現在、「森ノ宮」駅周辺では「森之宮工場」や「焼却工場建替計画用地」を中心とした「大阪城東部地区」、「府立成人病センター跡地」で大規模なまちづくりを進めている。今のところ、「大阪城東部地区」には「大阪城公園」と連携した大規模ショッピング施設、MICE施設、宿泊施設などを導入し、「府立成人病センター跡地」では多世代が交流する学びと健康とにぎわいのまちづくりを目指すとしている。

また、Osaka Metro中央線は2025(令和7)年の「大阪万博」の会場となる夢洲に延伸する計画がある。「大阪万博」開催時にはOsama Metro中央線がメインアクセスルートとなるため、沿線の「森ノ宮」駅周辺の活性化も期待される。

交通アクセスや買い物の利便性と緑と歴史が醸し出す落ち着きを併せ持ち、今後のさらなる発展も期待される「森ノ宮」駅周辺。ここは住まいの場として高いポテンシャルを持った街と言えよう。