ホテルパティシエの腕が光るスペシャルスイーツ

Patisserie Grandir(パティスリー グランディール)

シックな造りの外観
シックな造りの外観

ひとつひとつ丁寧に、愛情を込めて作りあげられた洋菓子たち。まさに宝石のごとく輝いている。誰もがきっと眺めているだけで、自然と笑みがこみ上げてくるのだ。ショーケース越しの笑顔。それがここ、『パティスリー グランディール』でよく見られるシーンだ。

手掛けるのはオーナーパティシエの桧山武士(ひやまたけし)さん。お菓子の魅力に取りつかれ、調理学校を卒業後にホテルパティシエとして腕を磨いてきた。そして満を持して、2006年に地元である樟葉で『パティスリー グランディール』をオープンさせた。

自慢のタルト生地にカスタードクリームと旬の果物をふんだんに乗せた「タルトフリュイ」
自慢のタルト生地にカスタードクリームと旬の果物をふんだんに乗せた「タルトフリュイ」

「タルトには絶対の自信があります」と語る桧山さん。レシピや作業工程にこだわった特別なタルトだそうだ。確かに、ショーケースにはタルト生地を使った洋菓子がたくさん並んでいる。その中でも一番人気なのが果物をたっぷり乗せた「タルトフリュイ」だ。外はサクサク、中はシットリのタルト生地に、カスタードクリームの優しい甘味がバランス良く絡まる。旬のフルーツとの相性も素晴らしく、たまらなく美味しい。

季節限定の「りんごのクラフティ」
季節限定の「りんごのクラフティ」

サクサクしたパイの器に白ワインで煮たリンゴを敷き詰め、クリームチーズベースの生地を流し入れ焼いた「りんごのクラフティ」やいちご入りのタルトの上に、いちご、カスタード、いちごクリームを乗せた「いちごのモンブラン」といった季節商品も充実。「ケーキで季節を感じてもらいたい。」という檜山さんの思いが詰まっているのだ。

左から「ふあふあはーと」、「いちごのモンブラン」、「タルトフリュイ」
左から「ふあふあはーと」、「いちごのモンブラン」、「タルトフリュイ」

同店では「ふあふあはーと」や「プリン」、「ロールケーキ」、「マカロン」といった日常使いしやすい手軽なスイーツも充実している。ただし、桧山さんが一人で切り盛りしているため、売り切れの場合もあるのでご注意を。特別な記念日に適したデコレーションケーキはサイト上でも予約可能。大切な誰かに、笑顔を届けられること間違いなしだ。

おしゃれな店内に、生菓子のほかに焼き菓子も充実
おしゃれな店内に、生菓子のほかに焼き菓子も充実

Patisserie Grandir(パティスリー グランディール)
所在地:大阪府枚方市東船橋1-1 
電話番号:072-855-5099
営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜日※月曜が祝日の場合営業(翌火曜日休み)

https://patisserie-grandir.owst.jp

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ