古くからの桜の名所、大阪・京都へも好アクセスで便利な大阪府枚方市牧野下島町

大阪府北東部に位置する枚方市は大阪市中心部と京都市中心部にアクセスしやすく、ベッドタウンとして発展してきた。枚方市の北部、京阪本線「牧野」駅北部に広がる牧野下島町もショッピング施設など暮らしの利便性と、淀川の自然を併せ持つ落ち着いた佇まいの住宅地として注目されている。

大阪・京都の中心部へ30分圏内でアクセス

「牧野」駅
「牧野」駅

牧野エリアの最寄りとなる「牧野」駅から大阪方面へは、2駅先の「枚方市」駅で乗り換え「京橋」駅に約23分、「淀屋橋」駅まで約30分で到着する。京都方面であれば隣駅の「樟葉」駅乗り換えで「祇園四条」駅へ約32分と大阪市中心部、京都市中心部のどちらにもアクセスしやすいのが魅力だ。

周辺にはスーパーマーケットなどショッピングスポットが充実

ライフ 牧野店
ライフ 牧野店

牧野エリアは買い物も便利だ。周辺には、「スーパーカワセ 牧野店」「ライフ 牧野店」「ジャパン 牧野店」「関西スーパー 牧野店」といった日常の買い物に便利なスーパーマーケットが揃い、買い物で不自由を感じることはないだろう。

「樟葉」駅前には「KUZUHA MALL(くずは もーる)」が広がる
「樟葉」駅前には「KUZUHA MALL(くずは もーる)」が広がる

 

また、「樟葉」駅前には、72,000平方メートル、236店舗と大阪府内有数の規模を誇る「KUZUHA MALL(くずは もーる)」があり、「京阪百貨店 くずはモール店」などで買い物を楽しめる。 樟葉エリアには電車で一駅だが、自転車であれば10分程度の距離のため、休日に限らず日常的に利用できるだろう。

恵まれた子育て環境

枚方市は子育て支援サービスが充実していることでも知られている。枚方市内には8か所の「ふれあいルーム」が設けられ、子どもの遊び場、子育てファミリー同士の交流の場として親しまれている。 牧野エリアからは「牧野図書館」内で開催されている「ふれあいルーム『わくわくパンダ』」が使いやすい。申し込みは不要で無料、入退室も自由なので、気軽に利用できる。枚方市内ではほかにも「ファミリーサポートひらかた」、「広場さぷり」、「すこやか広場」といった子育てファミリーが集える場が用意されている。

枚方市立牧野小学校
枚方市立牧野小学校

周辺の子育て施設としては「牧野保育園」「うらら幼稚園」「牧野幼稚園」といったの幼稚園、保育施設が充実するほか、通学区となる「枚方市立牧野小学校」「枚方市立第三中学校」も通いやすい場所にある。

また、「牧野」駅周辺や府道13号線、エリアから東にのびる「とうかえでの道」沿いを中心に学習塾や習い事施設が多いこともうれしい。
さらに「大阪歯科大学 牧野学舎」も立地しており、アカデミックな雰囲気も感じられる。

多彩な公園が点在

牧野公園
牧野公園

牧野エリアは自然に親しめるスポットも多い。古くから牧野・交野地域周辺は桜の名所として都(京都)の貴族たちに親しまれていた地域。 そのため、枚方八景の一つに選ばれている「牧野公園」やエリア北側を流れる「船橋川緑道桜ロード」は桜の名所として知られ、春には多くの人が花見を楽しむスポットが集まっていることも特徴だ。

緑豊かな「山田池公園」
緑豊かな「山田池公園」

このほか、傾斜をいかした大きな滑り台が人気の「阪今池公園」やバーベキューも気軽に楽しめる「山田池公園」など、家族で楽しめる公園が点在している。 また、エリアの西側を流れる淀川沿いでは開放的な風景を眺めながらの散策を楽しめるほか、全長45.5㎞の周遊自転車道「北河内サイクルライン」が淀川から穂谷川沿いに通っている。

大阪市中心部、京都市中心部にアクセスしやすく、自然環境、ショッピング施設や子育て環境にも恵まれた枚方市牧野下島町。ここなら理想の暮らしが実現できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ