街を知るコラム

心斎橋も徒歩圏内、都市ならではの住環境が魅力の本町橋エリア

中央区本町橋7丁目の街並み
中央区本町橋7丁目の街並み

大阪市中央区は、その名の通り大阪市のほぼ中心に位置し、オフィス街の本町や商業施設が建ち並ぶ心斎橋・なんばを擁する区。本町橋は、その中央区のほぼ中心にあり、エリアの南側を中央大通とその上を走る阪神高速13号東大阪線、西側を阪神高速1号環状線に接している。

少し北へ行くと中之島を挟んで堂島川と土佐堀川が流れ、東には大阪城がそびえ、まさに大阪の中心地といえるロケーション。本町はもちろん、心斎橋・なんばへも徒歩で行くことができ、利便性は抜群。さらに、⽔の潤いを感じる北浜・中之島エリアも身近で、中心地ならではの魅力ある環境が日常になる。

地下鉄は2駅3路線利用可能

「堺筋本町」駅
「堺筋本町」駅

大阪市中央区本町橋7丁目の最寄り駅は、大阪メトロ堺筋線・中央線が乗り入れる「堺筋本町」駅と、大阪メトロ谷町線・中央線が乗り入れる「谷町四丁目」駅。また、大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線が乗り入れる「本町」駅も生活範囲。そのため複数路線を自由自在に使え、「梅田」駅や「天王寺」駅へ10分弱でダイレクトアクセスできるなど、市内各地への移動がスムーズ。

歴史ある街で暮らす贅沢

大阪城
大阪城

大阪中心部の街並みは、南北方向にのびる道路を「筋」、東西方向にのびる道路を「通」と呼び、美しい碁盤目状になっている。これは、豊臣秀吉が「大坂城」築城の際、城下町の道路を碁盤目状に配置するよう構想したことに由来する。現在も当時の道路網が大阪市中心部の基盤となっており、本町通や御堂筋など道路の名称も受け継がれている。

エリアの北にある北浜は、江戸時代から両替商、米問屋、米仲買が集まる金融の中心地として栄えた街。「北浜」駅の駅前にある「大阪証券取引所ビル」は、かつて日本の「三市場」の一つといわれた「大阪証券取引所」があった場所で、日本の中枢を担う金融街として機能した。2013(平成25)年に大阪証券取引所と東京証券取引所が経営統合し「大阪取引所」と名前を変えた今もなお、この街にはさまざまな銀行や大手企業が集まり、ビジネス街として発展を続けている。

公共施設・医療施設も充実

大阪市中央区役所
大阪市中央区役所

本町橋は大阪の中心部であり、周辺にはさまざまな公共施設・医療施設が集まる。「大阪城」の西側は、「大阪府庁舎」など官公庁が集積。「大阪歯科大学附属病院」「大手前病院」「大阪国際がんセンター」といった大きな医療施設も多い。エリア北部の中之島には「大阪市役所」のほか、ビジネス関連の資料も数多くそろう「大阪府立中之島図書館」が存在。

「堺筋本町」駅の近くには、「大阪市中央区役所」、「大阪府警察 東警察署」、土曜日・日曜日・休日もゆうゆう窓口が開いている「大阪東郵便局」といった施設が集まる。そのほか、「大阪城ホール」「NHK大阪ホール」「大阪市中央公会堂」などの文化施設も多く暮らしの充実度は高い。

ショッピングの選択肢は多彩

KOHYO(コーヨー) 内本町店
KOHYO(コーヨー) 内本町店

周辺には、⽇々の暮らしを⽀えるスーパーマーケットや、ドラッグストアもそろう。23時まで営業の「KOHYO 内本町店」「イオンエクスプレス 大阪常盤町店」や、品ぞろえ豊富な「業務スーパー松屋町筋本町橋店」もあり買い物には困らない。また、天神橋を渡って日本一長い商店街「天神橋筋商店街」へ足を運び、飲食店、惣菜店、ベーカリー、衣料品店などがずらりと並ぶアーケードをそぞろ歩きするのも楽しい。

心斎橋筋商店街
心斎橋筋商店街

ファッションや雑貨の買い物は、梅田や心斎橋へ。梅田には大型商業施設が多く、一方心斎橋には御堂筋沿いにはファッションブランドの旗艦店が並び、「心斎橋筋商店街」には雑貨店やカフェが連なる。北浜エリアもワンランク上のインテリアショップやアパレルショップがあるので、ぜひ散策を。「本町」駅と「堺筋本町」駅の間にある大型商業施設「船場センタービル」には、衣料品店や生地・手芸材料などのショップが多く集まっている。

こだわりのグルメを楽しむ

ビストロ「Kamekichi」
ビストロ「Kamekichi」

自宅のすぐ近くでこだわりグルメに出会えるのも、街中に住む楽しみのひとつ。華やかなグルメスポットが多く、スタイリッシュで居心地のいいビストロ「Kamekichi」、お洒落なカレー屋「まんねんカレー」、珍しいバリ島料理の「Terang Bulan (テランブラン)」など、実に多彩。

名店といわれる店も複数存在し、イタリアやスペインで修行したシェフによる「Fujiya 1935」、四季を大切にした15品のスペイン料理を楽しめる「エニェ」、ふっくらとした関東風の鰻を味わえる「鰻 にしはら」などバラエティ豊か。

緑と水辺が暮らしのすぐ身近に

「中大江公園」の様子
「中大江公園」の様子

本町橋からは、豊かな緑も開放的な水辺も身近。すぐそばにある「中大江公園」は、綺麗に整備された都会のオアシスで、市民の憩いの場となっている。また、エリア北部にある造幣局は、桜の通り抜けで有名なお花見スポット。その隣を流れる大川の両岸にも桜並木が続き遊歩道を散策できるほか、屋形船に乗って水上から桜を見上げるのもいい。

中之島・北浜エリアはのどかでリゾートライク。バラ園が見事な「中之島公園」を散歩したり、リバービューのカフェでおだやかな時間を楽しんだりできる。さらにエリア西側には「靱公園」が立地。バラ園やケヤキ並木が美しいほか、テニスコートを備えておりスポーツの場としても利用可。東側には「大阪城公園」があり、その南には飛鳥時代から奈良時代に存在した「難波宮」の遺構が残る「難波宮跡公園」も整備されている。