こだわりの150種類以上のパンを提供

Boulangerie & Cafe gout (谷町四丁目店)

2013年にオープンした「Boulangerie & Cafe gout (谷町四丁目店)」に訪れると、いつも150種類以上のパンが出迎えてくれる。必要な分だけ毎日石臼で製粉し、いつも小麦を新鮮な状態で使用するという、ヨーロッパの伝統的なパン作りを実践。職人の「どんな食卓の風景にも合うパンを焼き立てて提供したい」という思いから、品切れにならないように、朝早くから店が閉まるまで休むことなくパンを焼き続けている。

Boulangerie & Cafe gout (谷町四丁目店)
Boulangerie & Cafe gout (谷町四丁目店)

「グウのパンは、毎日食べても飽きない」。これこそ、パンを焼き続ける職人にとって、最高の誉め言葉だ。食パンをはじめ、バゲットやバタールなどの食事パン、季節の野菜を使ったキッシュやカレーパンなどの調理パン、メロンパンやあんぱんなどの菓子パン、フルーツたっぷりのヴィエノワズリー、クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子、野菜や卵、チーズやロースかつなどをはさんだサンドイッチなど、とにかく種類が豊富で、何を買おうか目移りしてしまうに違いない。

自家農園で育てた野菜たっぷりのサンドイッチ
自家農園で育てた野菜たっぷりのサンドイッチ

パンの原材料である小麦の産地はさまざま。作るパン、合わせるクリームやフルーツによって個性や特徴を見極め、厳選して国産小麦を調達している。原材料が育まれた風土にも想いを馳せ、小麦を作る生産者さんや製粉の仕方まで知り尽くす。小麦への愛情とこだわりは、おいしいパンを作るためには欠かせないものなのだ。「北海道産小麦 春よ恋100」「北海道産小麦 ゆめちから100」など、小麦の個性を引き出した食パンそのものの風味を楽しんでほしい。

季節のフルーツを合わせたリッチで甘いヴィエノワズリー
季節のフルーツを合わせたリッチで甘いヴィエノワズリー

サンドイッチや調理パンには、野菜を使っているパンも多い。グウでは自家農園で野菜を育てているので、新鮮で収穫したばかりのものをパンづくりに生かしている。「明日の朝食用にコーヒーと一緒に食べたい食パンを買おう」「おやつに食べたい紅茶に合う焼き菓子も」「今日の昼ごはんはカスクルートで決まり!」など、グウのパンがある暮らしで、食卓を豊かに彩ってみては?

Boulangerie & Cafe gout (谷町四丁目店)
所在地:大阪府大阪市中央区内本町1-1-10 リンサンビル 1F
電話番号:06-6949-2221
営業時間:8:00~20:00
定休日:木曜日、第1・3水曜日
https://derien.co.jp/

詳細地図