老舗 × 革新で唯一無二のコース料理を生むお店

fujiya1935

無駄なものを省き、シンプルで上質なものだけを配置した店内
無駄なものを省き、シンプルで上質なものだけを配置した店内

1935年の創業以来、親子四代に脈々と受け継がれた料理人の血筋。4代目となる藤原哲也氏は、ホテルやレストラン勤務を経て、イタリアやスペインで修業を重ねた後、2003年に帰国し、家業の洋食屋とはスタイルがまったく違う「Fujiya1935」をスタートさせた。

絶妙な火入れ加減の肉料理。器との一体感はまさに芸術
絶妙な火入れ加減の肉料理。器との一体感はまさに芸術

コンセプトは「季節と記憶の食卓」。「人は舌で感じた味に記憶や経験が結びついて初めておいしいと感じるもの。季節の移り変わりを感じとる日本人の心の豊かさを大事にしたい」と話すシェフが作るのは、ランチ14,000円、ディナー25,000円の1コースのみ。唯一無二のおまかせコースで、季節の食材を使って美味しい記憶を呼び起こすような料理を提供している。店にはほの暗いウェイティングルームがあり、店を訪れた瞬間から席について料理を味わうまで、すべてのこだわりを体感してほしい。

新緑を思わせる鮎のコンフィ
新緑を思わせる鮎のコンフィ

藤原氏が作る料理はスペイン料理とイタリア料理が出発点である。盛り付けや調理法に、藤原氏独自のアイディアが盛り込まれている。
8週間熟成させて旨みを凝縮させた但馬牛や鮎のコンフィは、人気メニューでありながら、季節ごとの美しい盛り付けに、毎回新鮮な驚きを感じずにはいられない。

季節ごとに変わる、気泡をたくさん含ませたパンのファンは多い
季節ごとに変わる、気泡をたくさん含ませたパンのファンは多い

実は、一度は長い歴史の幕を閉じた「洋食屋 ふじ家」は、「先代が大切に守り続けた料理をもう一度食べてみたい」という声に支えられて復活している。先代から受け継いだ『ふじ家の商売の心』(お客様を大切にする船場商人の心)とともに、藤原氏の経験から紡ぎだされる素材を生かした料理が提供される。店名の1935は、そのふじ家創業の年。ミシュランで2ッ星を獲得した「Fujiya1935」の味の根底にあるのは、間違いなく「洋食屋 ふじ家」の味である。

fujiya1935
所在地:大阪府大阪市中央区鎗屋町2-4-14 
電話番号:06-6941-2483
営業時間:ランチ 入店12:00のみ (木曜日、土曜日、祝日のみ)
ディナー 18:00~または、19:00~スタート
定休日:日曜日、第1・第4月曜日
http://fujiya1935.com/

詳細地図