独自の調合が旨いスパイスカレー

スパイス工房 燦 SUN

2016(平成28)年10月にオープンした「スパス工房 燦 SUN」は、京阪本線「枚方市」駅から北東に歩いたところにある。カレー好きだった店主が独学できわめた、いわゆる“スパイスカレー”だが、さらに進化した個性的なジャンルを確立している。昼のオープン時間前から並ぶ人も多く、いまや大阪を代表する人気店だ。

チキンとほうれん草チーズのミックス 1,000円(半熟たまごトッピング+100円)税込み
チキンとほうれん草チーズのミックス 1,000円(半熟たまごトッピング+100円)税込み

基本のメニューはチキン、キーマ、やさい、ほうれん草チーズ、ラムの5種。このなかから2種類を“ミックス”にすることができる。“あいがけ”ではなく、2種類を混ぜ合わせることで具だくさんになるイメージだ。辛さやごはんの種類(白米or玄米)、ごはんの量も選べる柔軟さもうれしい(ごはん大盛りは+100円)。
サイドには、玉ねぎのピクルスや、ブラウンマスタードなどでピリ辛に味付けしたレンコン、ボイル野菜に自家製のスパイスオイルをかけたものも添えられる。

店内にずらりと並んだスパイス瓶
店内にずらりと並んだスパイス瓶

使用するスパイスは、クミンやチリ、ターメリック、カルダモンなど11種類。ひとつのスパイスが突出せず、バランスのよい味と香りを出せるよう調合しているのだとか。毎朝ミルで挽くことによって、スパイスの香りが一層引き立つ。さらに、鶏ガラで取った出汁を合わせ、深みのある味わいに。粉類は不使用でさっぱりいただける。作り置きは一切せず、注文を受けてから一皿ずつ作り、ごはんも炊き立てを提供といったこだわり尽くし。

明るい店内
明るい店内

いまのスパイス調合に辿りつくまでに1年半ほどかかったというが、「もっとおいしくしたい」と、あくなき探求心は今後も続く。

なお、週末には、店主の“気まぐれカレー”が登場することも。当日の朝にSNSで情報を更新することが多いそうなので、こまめにチェックしておこう。

店は大通りに面している
店は大通りに面している

スパイス工房 燦 SUN
所在地:大阪府枚方市西禁野1-1-17 オーエムビルファミール21 1F
電話番号:072-800-1752
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)(木曜日18:00〜21:00(L.O.20:30))売り切れ次第終了
定休日:火曜日(祝日は不定休)
https://www.instagram.com/supaisu_koubou..
https://twitter.com/supaisu_sun

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ