ライフスタイルコラム

交通利便性を活かして、ウィークデイも充実の江坂ライフ

OsakaMetro御堂筋線「江坂」駅まで徒歩6分。新大阪、梅田、心斎橋まで一本のアクセス利便性と洗練された街並みが魅力の江坂エリア。交通利便性のおかげで、ウィークデイも充実した時間が過ごせます。そんな江坂ライフを満喫するある夫婦の日常をご紹介します。

image photo
image photo

時計

7:00

夫は日課のスポーツジムへ

夫は私より少し早めに起床して「エニタイムフィットネス 江坂店」へ。平日の朝は軽く身体を動かして仕事のスイッチを入れるのだそう。「江坂」駅前にあって自宅からも徒歩10分圏内。気軽に通えてうれしい距離。

時計

8:00

二人そろって朝食に

夫が帰宅する頃に私も起床。二人でモーニングをいただく。朝の一杯は近くの「ヒロコーヒー本店」のコーヒー豆を愛用している。このお店は豆の種類が豊富に用意されており、少しずつ飲み比べていくのが楽しみのひとつ。コーヒーを飲んで私も仕事のスイッチをON。

時計

8:30

夫が、梅田へ出社

夫は「江坂」駅からOsakaMetro御堂筋線に乗って、約10分ほどで勤務先の「梅田」駅へ。繁華街とのアクセスがよいので、ついでに買い物をしてから帰ってくることもあるようだ。

時計

9:00

私は新大阪へ出勤

夫を見送って私は「江坂」駅から「新大阪」駅へ出勤。乗車約5分ほどなので、なんとドアtoドアでも15分ほど!「新大阪」駅は新幹線の停車駅のため、出張や旅行の際には特に便利で助かっている。

時計

18:30

エステサロンでリフレッシュ

定時であがって私は「江坂」駅に戻り、エステサロン「HATTI 江坂店」へ。「江坂」駅から徒歩5分ほどのところにあり、インドの伝統的施術アーユルヴェーダを受けられるサロン。仕事帰りにリフレッシュして日々の疲れを癒す。

時計

20:00

記念日のディナーへ

今日は、ふたりが出会った記念日。夫と駅で合流してフレンチレストラン「シュバル」へ。ここはワインの種類が豊富に用意されており、何度訪れても飽きることはない。店主とも顔なじみに。落ち着いた雰囲気が気に入って2人でよく利用する。

時計

22:00

帰宅前にスーパーで買い物

帰りに「フレスコ江坂店」に立ち寄る。明日の朝食の食材を購入。自宅から徒歩2分で、24時間営業なので遅くなっても便利で重宝している。ローソンやセブンイレブンなどコンビニも徒歩すぐの距離にあって、仕事帰りは「江坂」駅前の「ダイエー江坂駅前店」に寄ることも多い。

 

時計

22:30

リラックスタイム

帰宅。金曜日ということもあり、ソファでゆっくり過ごす。「江坂公園」にある図書館で借りてきた本もそろそろ読み切る頃。明日の土曜日は2人で図書館に出かけて、その後「アメニティ江坂」でゴルフの練習をしようかな。

<一言>

最寄りの「江坂」駅まで徒歩6分の立地と「江坂」駅の交通利便性のおかげで都心ライフを満喫しています。日常使いのスーパーマーケットも近隣に充実しているので、買い物も便利。通勤の負担が減ったおかげでそれぞれが1人で自由に過ごせる時間も、2人で一緒に過ごせる時間も増え、心身ともにゆとりが出てきたように思います。