食材から店舗まで、手作りにこだわった個性派レストラン

DJANGO(ジャンゴ)

「DJANGO(ジャンゴ)」外観
「DJANGO(ジャンゴ)」外観

オンリーワンのスタイルを文字通り実践しているRestaurant&Bar「DJANGO(ジャンゴ)」。店舗の壁やタイル、コンクリートまで自らリノベーションを行い、カトラリーや食器も自作。食材となるほとんどの野菜は、一年かけて土づくりから始めたという「DJANGO FARM」から収穫している。

ソファーは革のなめしから自作
ソファーは革のなめしから自作

オーナーは東京での6年間の飲食店経営を経て地元である阿倍野に戻ったJack Tgawa氏。システマチックな飲食店経営には魅力が湧かず、好きな街を街ごと盛り上げていけるスペースを構想。全てを手塩にかけて作り上げたソールフルなスペースは、2012(平成24)年に完成した。ありきたりではなく、本当に血の通った感度の高さと居心地の良さ。そんなホットスポット的な空間の構築を実現している。

お昼から飲む人も珍しくないという
お昼から飲む人も珍しくないという

真空管アンプからは60年代のジャズ・ブルースが流れ、訪れる人たちのフレンドリーなコミュニケーションがはじける。今では国内外を問わず、感度の高い人たちの話題のスポットにもなりつつある。

毎日市場で厳選した良質の肉や魚
毎日市場で厳選した良質の肉や魚

大阪の一大観光地に躍り出た阿倍野。路面電車に大都会と下町情緒が絶妙に織り交ざる松虫交差点。この阿倍野のホットスポットでソールフルスペースを体験して頂きたい。

「DJANGO(ジャンゴ)」
「DJANGO(ジャンゴ)」

DJANGO(ジャンゴ)
所在地:大阪府大阪市阿倍野区王子町2-4-11 1F 
電話番号:06-6115-7955
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、17:30~22:30(L.O.)
定休日:火曜日、第1・第3水曜日
http://www.django-cafe.com/

詳細地図