交通アクセスや買い物の利便性に恵まれ、歴史の薫りも漂う関目エリア

大阪市城東区関目六丁目は城東区の北部、京阪本線「関目」駅、地下鉄谷町線「関目高殿」駅、地下鉄今里筋線「関目成育」駅の東に位置する。大阪市中心部に近く、交通の利便性や買い物環境に恵まれながら、落ち着いた佇まいの住宅地が広がる。

京街道沿いの街として発展、昭和初期に住宅地へ

長い歴史を持つ「関目神社」
長い歴史を持つ「関目神社」

江戸時代、現在の関目六丁目周辺には京都と大坂を結ぶ京街道が通っていた。「大阪城」の北、寝屋川に架けられていた京橋から今の「京橋」駅前、「新京橋商店街」、「京橋中央商店街」を通り、都島通りを経て関目五丁目交差点から「京かい道商店街」へ続く道が当時の京街道だ。このルートは江戸時代には東海道五十七次とも呼ばれ、参勤交代にも使われる重要な道だったという。現在も「関目神社」などの寺社や石碑、祠など当時の歴史を感じられる場所が残る。

京街道沿い以外は農村が広がっていた今の関目六丁目周辺だったが、昭和初期から土地区画整理事業などにより住宅地の整備が始まった。現在の関目六丁目でも1927(昭和2)年から1939(昭和14)年まで「大阪市菫之荘土地区画整理事業」が行われている。今の街区や公園はこの当時に整備されたものだ。この土地区画整理事業は大阪市内でも比較的早い時期に行われており、現在は成熟した住宅地としての発展している。

3駅3路線が利用できる好アクセス

京阪本線「関目」駅
京阪本線「関目」駅

関目六丁目は交通アクセスの利便性も高い。「関目」駅から京阪本線に乗れば「京橋」駅や「淀屋橋」駅といった大阪市中心部に乗り換えなしで移動できるほか、「三条」駅など京都市内にもスムーズにアクセスできる。「関目高殿」駅からの地下鉄谷町線なら「東梅田」駅や「天王寺」駅にダイレクトアクセス可能だ。

2019年春にはおおさか東線の「放出」駅から「新大阪」駅間が開業予定で、エリアの南西徒歩圏内、京阪本線「野江」駅の西側に「(仮称)JR野江」駅が設置されることになっている。開通後は「新大阪」駅からの東海道・山陽新幹線の利用が便利になるほか、「大阪」駅北側の再開発地域「うめきた」に設置される「(仮称)北梅田」駅に乗り入れる計画もあり、さらなる利便性向上も期待されている。

国道1号、国道163号、内環状線、都島通り、鶴見通りなどの幹線道路が多いこのエリアは自動車も使いやすい。阪神高速12号守口線の「森小路」出入口、近畿自動車道の「門真」ICや「大東鶴見」IC、第二京阪道路の「第二京阪門真」ICも近く、高速道路、有料道路にも短時間でアクセスできる。

日常の買い物は徒歩圏内で可能

「関目商店街」での買い物も楽しい
「関目商店街」での買い物も楽しい

関目六丁目周辺は「ライフ 関目店」などスーパーマーケット、「スギドラッグ 関目駅前店」といったドラッグストアが充実するほか、情緒漂う「関目商店街」もあり、買い物環境にも恵まれている。

古くから繁華街として発展した「京橋」駅前には、近年誕生したショッピング施設から老舗の店まで揃い、あらゆる買い物ニーズに応えてくれる。

電車を使えば、「東梅田」駅周辺の「グランフロント大阪」や「大阪ステーションシティ」、「阪急うめだ本店」、「天王寺」駅前の「あべのハルカス」、「渡辺橋」駅近くの「中之島フェスティバルタワー」など話題のショッピング施設での買い物も気軽に楽しめる。自動車なら「三井アウトレットパーク 大阪鶴見」や「イオンモール鶴見緑地」といった郊外型の大型ショッピング施設も便利だ。

エリア周辺には地域の人々に愛されてきた店からおしゃれなカフェ、人気のスイーツの店などグルメの魅力が豊富なこともうれしい。

小学校から人気の私立高まで充実した教育施設

関目六丁目は子育ての場としても恵まれている。「大阪市立関目小学校」はエリア内にあり、通学距離が短く、大通りを横断せずに済むので安心して通わせることができる。エリア内では一方通行に規制されていたり、歩道が整備されていたりする道路が多く、安全性が高い。

エリア周辺には長い歴史を誇る「大阪信愛女学院」や進学校として知られる「開明中学校・高等学校」といった私立校が揃うほか、電車を使えば、大阪市中心部の私立校にも通いやすい。

「ヤマハ 関目教室」など習い事施設も充実
「ヤマハ 関目教室」など習い事施設も充実

関目六丁目周辺には「そろばん柿田塾」や「トーマスイングリッシュ 関目本校」、「ヤマハ 関目教室」といった塾、習い事施設、小児科のクリニック、高度な医療を提供する病院が揃うこともうれしい。

暮らしの中で緑を満喫

桜並木が美しい「城北川遊歩道」
桜並木が美しい「城北川遊歩道」

関目六丁目には「関目中央公園」など子供の遊び場に適した規模の公園が多いことも特徴だ。エリアの東には広大な面積を誇る「花博記念公園鶴見緑地」があり、緑に親しめるスポットにも恵まれている。エリアの東を流れる城北川沿いの「城北川遊歩道」は桜の名所としても知られ、春には「夜桜ライトアップ」も行われている。

大阪市中心部に近く、暮らしの利便性と豊かな自然環境を併せ持つ大阪市城東区関目六丁目。ここでは理想的な暮らしを楽しめそうだ。