堺の歴史を伝える大規模公園

大浜公園

大浜公園
大浜公園

テニスコート、体育館、プール、野球場など、運動施設がたくさん揃う「大浜公園」。南海本線「境」駅から500mほど西に行った場所に位置している。開園は1879(明治12)年で、市内で最も古い市営公園として造られた。1888(明治21)年には阪堺鉄道(現南海電鉄)難波~堺間が開通、1903(明治36)年には「第5回内国勧業博覧会」の開催に合わせ「堺水族館」が開館。その後も料理旅館が立ち並び、さらには公会堂、潮湯が開業し、海水浴や潮干狩りも可能なリゾートスポットとして賑わった。

大浜公園
大浜公園

園内には、1877(明治10)年に建てられた木造洋式燈台や、1933(昭和8)年に設置されたラジオ塔の跡や後に作成されたレプリカ、1854(嘉永7)年に発生した安政南海地震に関する記念碑、江戸時代の終わりごろに湾岸防衛のために設置された砲台場の跡地(現在の花菖蒲園)など、歴史的なものも多い。堺の歴史文化と観光魅力を表現する日本最大級の壁画も見応えがある。

大浜公園
大浜公園

現在はスポーツ施設や憩いの場所として人気の「大浜公園」。スポーツ施設以外にも訪れる楽しみはたくさん。一等三角点が設置されている日本一低い山として登録されている標高6.84mの「蘇鉄山」は、登頂すると登山認定証がもらえるという。猿飼育舎では元気な猿たちにも出会える。また、春には桜、5月下旬~6月上旬頃には菖蒲といった、季節の花々も美しい。

大浜公園
大浜公園

毎年7月31日には、鎌倉時代のお祭りを復活させたという「堺大魚(おおう)夜市」が開催されている。夜7時からは魚セリが行われ、豪快かつ威勢よく掛け声が飛び交う。

大浜公園
所在地:大阪府堺市堺区大浜北町4-3-50
電話番号:072-232-1489
http://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/koen..

詳細地図