レポート

ますます快適さを増す「南千里」駅前周辺のまちづくりをチェックしてきました!

大阪北部の吹田市と豊中市にまたがる「千里ニュータウン」は阪急電鉄、大阪モノレール、北大阪急行電鉄などが通っており、大阪市内へのアクセスが便利な一帯。ニュータウンといえば、かつては郊外型の優雅な生活の象徴でしたが、開発から半世紀以上が経過し、建物の老朽化や住民の高齢化が問題視されることが多くなっています。そのため、「千里ニュータウン」の各所では再び暮らしやすい街にするための再整備計画が進められているそうです。今回は地区南部の玄関口といえる、「南千里」駅付近を実際に歩き、整備の状況や今後の予定についてチェックしました。

完成した「地区東歩行者デッキ」
完成した「地区東歩行者デッキ」

梅田へ行くのに便利

「南千里」駅
「南千里」駅

大阪中心部から約10~15km、新千里南町や藤白台、佐竹台など12の地区で構成される「千里ニュータウン」。歴史をひもとくと、1958(昭和33)年に開発を決定、1962(同37)年に佐竹台から街びらきが始まりました。その後、阪急千里山線(現・阪急千里線)や大阪モノレールの開通、大型商業施設などのオープンが相次ぎ、住み良い街の完成となりました。
今回、取り上げる阪急「南千里」駅は1963(昭和38)年に開業。佐竹台や高野台、津雲台などの住区が周辺に位置しています。現在は、再整備の途中で、「交通広場」や「千里ニュータウンプラザ」がすでに完成、「佐竹台デッキ」は工事中、また「公共広場」の残り半分の完成も控えています。駅を降りて周囲を見渡すと、整備中の様子が見えました。駅前はショッピングセンターやホテルが立ち並び賑やかです。


全国のニュータウンで課題となっている老朽化や少子高齢化の問題。千里ニュータウンも例外ではありません。2004(平成16)年3月に財団法人大阪府タウン管理財団により「千里南地区センター再整備の基本的な考え方」を策定、それをもとに住民同士で、「南千里」駅前の再整備について20回近く協議を重ねてきたそうです。そして、再整備の計画が決定し、工事が進められています。2004(平成16)年にオープンした「ガーデンモール南千里」は、「トナリエ南千里」としてリニューアルし、スーパーマーケットやドラッグストア、飲食店など生活に便利な店が集合しています。駅からほぼ直結で待ち合わせなどにも使いやすいですね。

物販・飲食、両方の店が充実している「トナリエ南千里」
物販・飲食、両方の店が充実している「トナリエ南千里」

「阪急オアシス」もある
「阪急オアシス」もある


ロータリーが広がる「交通広場」や図書館などが入る「千里ニュータウンプラザ」はすでに完成しています。「交通広場」の歩道部分には光触媒テント膜材を使用した屋根、連続シェルターが設置されました。雨の日も傘をさすことなく、駅まで移動できるのがいいですね。地下に機械式駐輪場ができたのも便利でしょう。

ホテルが近くにあります

車で駅に来るときも便利な交通広場
車で駅に来るときも便利な交通広場

雨でも濡れずに歩ける

連続シェルター
連続シェルター


環境を大切に考えるきっかけになるハイブリッド照明
環境を大切に考えるきっかけになるハイブリッド照明

環境や防災面への配慮も整備計画に反映されているようです。例えば、「交通広場」に設置された明かりはハイブリッド照明が採用されていて、風と太陽光という自然エネルギーだけで点灯します。災害時には非常用電源としても活躍するそうです。また、光触媒テント膜材を使用した連続シェルターは、汚れや排気ガスなどを分解する自浄機能を備えているとか。その他、LED照明なども導入されいました。


駅のすぐ隣にそびえたつ、カッコイイ8階建ての建物が「千里ニュータウンプラザ」です。図書館や保健センター、高齢者施設など、行政機能を一カ所に集合させた複合施設で、2012(平成24)年に供用が開始されました。また、もともと図書館があった場所は、「アーバス南千里」という商業施設になっていて、「スターバックス」や「セブン-イレブン」、クリニックや銀行の支店などが入っています。行政と商業がコンパクトにまとまり、機能性に優れた街という印象です。

総合案内は2階に

行政機能が集まった「千里ニュータウンプラザ」
行政機能が集まった「千里ニュータウンプラザ」

スタバなど定番・人気の店がズラリ
スタバなど定番・人気の店がズラリ


完成が待ち遠しい佐竹台デッキ
完成が待ち遠しい佐竹台デッキ

駅と地上をつなぐ「佐竹台デッキ」は現在、工事中です。ゆるやかなスロープを導入してデッキ間の高低差を極力解消、エレベーターは定員数を13人から15人に拡大し、安全のためにモニターを設置、階段には踊り場を設置し、昇降の負担を軽減するなど、色々な変更を加えて、利便性や安全性を高めるようです。歩きやすい階段を設置するために、公園で階段の疑似体験会なども行ったそうです。このような確認作業の積み重ねが理想の街作りには欠かせないですよね。


「公共広場」も整備進行中の部分です。ニュータウンの南の玄関口にふさわしい場所として、快適に移動できる回廊や、ひと息つけるベンチを配置するようです。周囲の建物との調和も計算しているので、見栄えも良さそう。仕事帰りに駅に着いたとき、目に飛び込んでくる風景が素敵だとうれしいですね。

「公共広場」完成イメージ図
「公共広場」完成イメージ図

開放的でより広く見える

整備中の「公共広場」
整備中の「公共広場」


未来に期待できる街
未来に期待できる街

街を歩いて感じたことは、駅周辺に様々な施設が一挙に集合していて、周囲のベッドタウンに住む人も、とりあえず駅前に出れば、ショッピング、行政手続き、外食などを済ませることができて、便利に暮らせそうだということです。阪急沿線なので、特に梅田付近にお勤めの方には通勤もラクだと思います。再整備という過渡期を迎えて注目を集めている「南千里」駅周辺。将来、もしかしたら、期待以上の発展を見せるかもしれません。


発見ポイント!

完成した「地区東歩行者デッキ」
完成した「地区東歩行者デッキ」

  • (1)駅前の商業施設にオシャレなカフェや輸入食材店が入っていて、若い人が暮らしても楽しい街
  • (2)駅前にたくさんの施設が集合していて便利
  • (3)再整備計画に基づく新しい施設が多く、景観が美しい