伊丹空港を離着陸する飛行機の迫力ある姿を見られる公園

伊丹スカイパーク

航空機騒音の軽減と周辺地域の生活環境の改善を目的として整備された「伊丹スカイパーク」。「大阪国際空港(伊丹空港)」の滑走路に隣接し、長さ1.2km、幅80mという細長い形をした公園だ。北西から南東にかけ伸びており、丘がいくつも連なる園内は9つのエリアに分かれている。

「伊丹スカイパーク」から見た飛行機の離陸
「伊丹スカイパーク」から見た飛行機の離陸

最も北西に位置する「北エントランス」は北駐車場を含むエリア。弥生時代の灌漑施設や「大阪国際空港(伊丹空港)」で使用されていた「航空管制レーダー」などが展示されている。隣の「大空の丘」には芝生と石を用いて12段の大階段「だんだんテラス」が設置されているので、飛行機の離陸をゆっくりと見ることができるだろう。

ジャングルジムなどの遊具がある「冒険の丘」
ジャングルジムなどの遊具がある「冒険の丘」

「冒険の丘」は子どもたちと一緒に楽しめるエリア。斜面を利用して設置された、ローラーすべり台やジャングルジムなどの遊具がある。一方で、「つつじの丘」は斜面に4種類約1万4,000本ものツツジが植えられていて、春には一面が濃いピンク色に染まり、大人もゆっくりと散策を楽しむことができるだろう。

園のほぼ中央に位置する「中央エントランス」には、展望施設「スカイテラス」がある。フライトスケジュールモニターには飛行機の到着や出発のリアルタイム情報が一覧で表示されるので、目の前の飛行機と見比べて楽しむことができる。なお、軽食などを販売するカフェも設置されているので、このエリアはゆっくりするのに最適な場所だ。

「ITAMI」の文字が浮かび上がる「休息の丘」
「ITAMI」の文字が浮かび上がる「休息の丘」

「星空の丘」の斜面では、夜になると130mもの園路が星空のように光がともされる。「休息の丘」の斜面にある「ITAMI」の文字も電飾で照らし出されるので、飛行機の光と共に空港の夜景はとても幻想的で美しい。また、「翼の丘」にもウッドデッキの見晴台が設置されている。ウィングの形をしていて、その大きさはボーイング777の主翼と同じというのがユニークだ。

「伊丹スカイパーク」
「伊丹スカイパーク」

公園の最も南東にあるのが、南駐車場や丘の上駐車場を含む「南エントランス」。広大な芝生広場からはのんびりと空港を見下ろすことができる。「伊丹スカイパーク」は、さまざまなスタイルで飛行機の離発着を間近で見るほか、子どもが遊んだり花や夜景の中を散策したりと、楽しみいっぱいの場所だ。

伊丹スカイパーク
所在地:兵庫県伊丹市森本7-1-1 
電話番号:072-772-3447(パークセンター)
開園時間:4~10月の土曜日・日曜日・祝日7:00~21:00、4~10月の平日、11~3月9:00~21:00※駐車場入庫は20:30まで
定休日:無休
http://www.city.itami.lg.jp/skypark/

詳細地図