MENU

HOME インタビュー 茨木市商業団体連合会インタビュー

茨木市商業団体連合会
理事・商業活性化委員長 田峰さん

街と共に歩んできた400年の歴史を誇る商店街
人々を魅了し続ける取り組みとは

茨木市商業団体連合会の理事・商業活性化委員長を務められている田峰さん。茨木市に生まれ育って54年、茨木市の変化を幼い頃から間近で見てきたという。茨木市の特徴、魅力について、さまざまなお話を伺った。

まず最初に、茨木市商業団体連合会の沿革や、 概要について教えてください。

茨木市商業団体連合会インタビュー

2015(平成27)年3月27日現在で、茨木市商業団体連合会には、11の商店街・商店会、259店舗が加盟しています。おそらく茨木市でいちばん古いのが「茨木市本町商店会」。京都から神戸に行く「西国街道」から降りてきて、「茨木街道」につながる立地です。今は「茨木阪急本通商店街」が一番にぎやかですが、江戸時代には「茨木城」というお城があった道なんですよ。1616年に廃城になり、その後にできた商店街なので、歴史にしたら約400年ですね。

「茨木」駅や「茨木市」駅を中心に、いくつかの商店街から成り立っていますが、実際、どのような方々が利用されているのでしょうか。

顔

「JR駅前商店会」の飲食店は、会社帰りに飲んで帰る方が多いと思います。「茨木阪急本通商店街」は、品揃えもいいので、地元の方が買いに来てくれています。4月からは「立命館大学」が開学するので、お客さんが増えることはもちろん、幅広い年齢層の方に利用して頂けるのではと期待しています。

昨今は、いわゆる「シャッター商店街」が増えていくことが話題になる中で、このように活気ある商店街であり続ける秘訣について教えてください。

商店街風景

立地が良いという点が一番に挙げられるかと思います。そのほかにも、「茨木阪急本通商店街」は「ガンバ大阪」と連携して、「ガンバ大阪」が勝った翌日に、「ガンバ大阪が勝ったDAY」というイベントを開催しています。商店街の各店舗でお得なものが買えたり、サービスが受けられたり、という特典付きです。ほかにも、旧来の商店街風の催しとして「夏祭り」や「年末の大売り出し」などもやっています。

ほかにも、「茨木童子まつり」や「いばらき光の回廊」など、たくさん企画されていますが、そのなかでも連合会ならではのイベントについて教えてください。

茨木童子

「茨木童子まつり」は、夏恒例の夕涼みイベントです。夜店・屋台が並ぶほか、ライブなどのステージイベントもあります。大阪府茨木市に古くから伝わる『茨木童子』の民話から誕生したご当地キャラ「いばらき童子」の団扇を配ったりして、茨木市商業団体連合会でも祭りを盛りあげています。

「いばらき光の回廊」は、茨木市主催のイベントで、2015(平成27)年で3年目となります。12月中の約1ヵ月、「元茨木川緑地」にイルミネーションを点灯するというもので、たくさんの人が訪れました。写真に撮ると、すごくきれいですよ。

「茨木童子まつり」のようなイベントには、近隣の大学サークルが参加していますが、周辺の学校との連携もされているのでしょうか。

大阪大学 吹田キャンパス

茨木市には大学が多いんですよ。界隈には、「立命館大学」、「追手門学院大学」、「梅花女子大学」など、さまざまな大学が揃っていて、連合会でも今後4、5年は、「大学との共同事業」にも力を入れようとしています。共同事業として、2014(平成26)年の「茨木童子まつり」では、大学生の方々と企画をしました。ステージに出てもらったり、お店を出店してもらったりとコンテンツもさまざまで面白かったですね。

マップ

ほかにも、「JR駅前商店会」、「茨木駅前本通商店会」、「中条まちづくり商店会」のマップを作成しました。大学生にお店の取材をしてもらい、イラストマップをつくったんです。次はどんな企画が生まれるのか楽しみにしていてください。

2013(平成25)年には、「第6回茨木市景観賞」を受賞されていますが、受賞の対象となった取り組みは何でしょうか?

並木

「JR駅前商店会」と「茨木駅前本通商店会」の2つが、近隣の掃除を約10年、ずっと続けていることが賞され、受賞しました。1970(昭和45)年に「日本万国博覧会」を開催したとき、「万博がある、世界中から人が来る。街をきれいにしましょう」ということが浸透しました。それから茨木市には「掃除をする文化」ができたように思います。そのような文化もあることから、茨木市はすごくきれいな街だと思います。

新たにJRの新駅が誕生し、特に「茨木市本町商店会」は、新駅に最も近い商店街となりますが、今後 連合会としてどのような関わりを検討されているのでしょうか。

茨木市商業団体連合会インタビュー

新しい駅の利用者が4万6千人増えるそうなんです。つまり乗降する人は、2万3千人。そのうち1割くらいは、商店街へ足を運んでほしいですね。「JR駅前商店会」、「茨木駅前本通商店会」、「中条まちづくり商店会」のマップは、そういった方々にも活用してほしいです。

新駅ができ、また大学の新キャンパスができたりと、複数の開発が進行中ですが、そのような開発を含めて、今後の街の変化や各商店街への影響にどのような期待を寄せていますか。

神社

大学生の若いエネルギーにも期待しています。現在、商店会で大学生がカフェを運営するプランが進行中です。「夜カフェ」といって、夜に営業するカフェを考えているそうで、私たち連合会としても、このような新しい取り組みに期待していますし、これからも増えていくと嬉しいですね。

これから茨木市へ引っ越すことを検討されている方に向けて、商店街や周辺エリアの 魅力について教えてください。

チラシ

茨木市は本当にいい街です。大阪と京都の中間で、通勤・通学には便利な立地です。そして、住環境もいい。昔から「学園都市」とも言われ、教育熱心な土地で、小・中学校の教育レベルが高いとも言われています。長い歴史を誇る「茨木神社」ではさまざまな年中行事があるほか、中央公園では桜の名所としても有名です。イベントカレンダーを見たらビックリするくらい、茨木市はイベントが多い街です。幅広い世代にとって暮らしやすい街だと思います。

田嶋さん

今回、話を聞いた人

茨木市商業団体連合会

理事・商業活性化委員長 田峰さん

茨木市商業団体連合会
所在地:大阪府茨木市駅前2-5-24 大福ビル2F
電話番号:072-623-2161
URL:http://i-shoudanren.com/

※この情報は2015(平成27)年4月時点のものです。

茨木市商業団体連合会インタビュー
所在地:大阪府茨木市別院町1 ほか 
http://i-shoudanren.com/memberstore/cont..

HOME インタビュー 茨木市商業団体連合会インタビュー

PAGE TOP