都心のおひざ元の庶民の商店街

野田新橋筋商店街

阪神本線「野田」駅、地下鉄千日前線「野田阪神」駅、JR東西線「海老江」駅、JR環状線「野田」駅と4つの電車路線が集中する絶好のロケーションである野田エリア。その各路線に挟まれるように位置しているのが「野田新橋筋商店街」だ。

商店街の入口
商店街の入口

その歴史は戦後のヤミ市から始まっている。戦後十数年を経て1963(昭和38)年に振興組合が発足して現在で54年目になる。組合発足当時から現在までに至るお店も半数はあるというから驚きだ。

商店街の様子
商店街の様子

アーケードでは売り出しの掛け声と人の賑わいで、平日でもまるで縁日のような活気にあふれている。どことなく昭和のイメージも残しているのが懐かしい。福島区にある6つの商店街のなかでアーケードがあるのもこの野田阪神商店街だけになっている。雨に濡れずに買い物ができるので便利がいい。

八百鮮
八百鮮

うなぎの「川繁/かわしげ」、天ぷらの「湯浅かまぼこ店」、卸し市場が移動してきたような活気で品をさばく魚と肉の「八百鮮」など名物店も多い。100円ポッキリの「100縁笑店街」が年に3~4回、夏と年末の大売り出し、7月の夜市など、大阪らしい風物詩も人気がある。

川繁
川繁

昭和の雰囲気の懐かしさと人の賑わいを活かそうと商店街のすぐ離れの筋に集まってくる飲食店やバーも数多い。アーケードを出て東を向くと梅田の高層ビル群が目に広がる。大都心のおひざ元の庶民の商店街。こんなギャップが大阪らしい。

湯浅かまぼこ店
湯浅かまぼこ店

野田新橋筋商店街
所在地:大阪府大阪市福島区吉野2 ほか 
電話番号:06-6441-5241
https://www.facebook.com/%E9%87%8E%E7%94..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ