昭和の雰囲気ただよう

淡路本町商店街

淡路本町商店街
淡路本町商店街

阪急線「淡路」駅の西口の前にある「淡路本町商店街」は、昔ながらの街並みを残す庶民的な商店街で日夜賑わいをみせている。地元住民の生活圏になっているこの商店街は昭和の名残りがあり、飲食店、市場、ブティック、靴屋、青果店など、昔から経営されている店が連なっていて、歩いているだけで楽しくなる。

地蔵のいる昔ながらの「公認地蔵市場」
地蔵のいる昔ながらの「公認地蔵市場」

商店街の中には「公認地蔵市場」と「宝来市場」の2つの市場がある。
「公認地蔵市場」はお地蔵さんがいる市場として知られ、市場の中にある精肉店「肉の大市」では揚げたてのコロッケや新鮮な肉を購入できる。

「宝来市場」内にある新鮮な川魚専門店
「宝来市場」内にある新鮮な川魚専門店

「宝来市場」にはメディアで何度も取り上げられる有名な川魚専門店「ふな定」がある。店主が淡路島出身ということで、淡路島で一本釣りした魚や、有名産地の新鮮なウナギを販売している。

大阪名物のアツアツのたこ焼き
大阪名物のアツアツのたこ焼き

当商店街の中腹には、大阪名物のたこ焼きのお店「じゃんぼ總本店」があり、店の前を通るだけで美味しそうな匂いが漂い、思わず食欲をそそられる。

アーケード内には昔ながらのカフェや喫茶店も豊富だ。「淡路もりえん・喫茶室はら」は、創業50年の老舗のお茶屋が運営しており、店主はお茶の先生もやっている。店内の囲炉裏で立てた抹茶や日本茶、手作りの和菓子を提供してくれる。さらに、サイフォンでたてる本格珈琲や自家製ケーキ、スパゲティやサンドイッチなど、洋食メニューも充実しており、いずれもリーズナブルな価格設定だ。店の入り口には産地直送の茶葉も販売し、まさに和と洋が融合している。

和と洋の融合した喫茶店でいただく本格珈琲
和と洋の融合した喫茶店でいただく本格珈琲

あたたかさと人情味あふれる淡路本町商店街。約300メートルのこじんまりとした商店街ながらも、古き良き時代を思わせる大阪人の温もりに触れることができる。散策すれば都会の喧騒から解放され、身も心も癒やされる。

淡路本町商店街
所在地:大阪府大阪市東淀川区淡路4
電話番号:06-6323-5111
http://www.awajihonmachi.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ