“食”と“色”が混ざりあう伝統と維新の食形態

キッチンバー『混 com』

市営地下鉄御堂筋線の「昭和町駅」から徒歩で1分。寺西家阿倍野長屋(文化庁登録有形文化財第270268号)という歴史的遺産である四軒長屋の一角に居を構えるキッチンバー『混 com』。

「混 com」外観
「混 com」外観

昭和7年健築のこの長屋には伝統と維新が息づいている。伝統とは当時の最先端、時を経て後世に受け継がれる。この時の連鎖と食の連鎖、人類が食を文化にまで高めた“食文化”という形態をもういちど原点に立ち戻り、素材ひとつのありがたさから完成した料理の息づかいとサービスを楽しんでもらう。

伝統と維新が根付く長屋
伝統と維新が根付く長屋

『混』のひとつのコンセプトである。グルタミン酸をはじめ豊富な栄養と旨味を持つトマトは加熱により、もうひとつのうま味成分であるグアニル酸が増し旨味の相乗効果をもたらす。2日間かけて濾した自然で透明なトマトスープを絶妙な加熱で調理し、トマトの果実に閉じ込めたパスタに注いで味わう。トマトの持つ様々な表情をひとつの“食”として表現した『8Hzのフラワーピールマン』。

『8Hzのフラワーピールマン』
『8Hzのフラワーピールマン』

生産者・街を動く流通・料理人・サービスマン・お客様と色んな人と人との結びつき、その心がひとつの皿になる。あべのハルカスのそびえる阿倍野の街のコントラストも『混』のひとつの象徴のようである。

「混 com」
「混 com」

キッチンバー『混 com』
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阪南町1丁目50−25 
電話番号:06-6623-4156
Lunch 11:30~14:00(L.O) 15:00 CLOSES
Dinner 18:00~21:00(L.O)
Bar 21:00~23:00(L.O)
http://com2004.com/#top

詳細地図