日本の感性を大切にした新しいフレンチ

エ・オ<ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>

エ・オ<ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>
エ・オ<ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>

「21世紀のフランス料理の扉を開けた」と称されるフレンチの重鎮、ベルナール・ロワゾー氏の名前を冠するフレンチレストラン。ロワゾー氏の愛弟子で、神戸北野ホテルの総支配人と総料理長である山口浩氏がオーナーシェフ。山口氏は、大阪のホテルで修行後に渡仏。パリの有名レストランでの経験を経て、ロワゾー氏のラ・コート・ドールに入店、氏に師事した。その後、「ラ・コート・ドール神戸」の開業に伴い帰国。同店でシェフを勤めた。現在は神戸北野ホテルの総支配人および総料理長として運営全般に携わっている。世界一と呼び声の高いロワゾー氏の朝食メニューを提供していることでも知られている。

美しく多彩なメニューが並ぶ
美しく多彩なメニューが並ぶ

店名のエ・オは、「Eloge de l’Ombre」(エロージュ・ドゥ・ロォーンブル)の頭文字で、日本語にそのまま訳すと「影の賞賛」。店では「陰翳礼賛(いんえいらいさん)」という想いを込めているようだ。四季折々に変化する繊細な日本の自然と、その自然に育まれた日本人ならではの感性に訴えかける料理を、卓越したフレンチの技法で追求する。

まるで芸術作品のような繊細な一品
まるで芸術作品のような繊細な一品

食材へのこだわりも強く、古くは「天下の台所」と呼ばれた大阪の食を支えてきた「なにわの伝統野菜」など、80km圏内の関西の食材を中心に使用。素材の持ち味を最大限に活かし、時に斬新なほどモダンに料理し提供している。

落ち着いた店内でゆっくりと食事を楽しめる
落ち着いた店内でゆっくりと食事を楽しめる

メニューはコースが中心。ランチは、アミューズ、スープ、魚介か肉をチョイスするメイン、デザート、小菓子、コーヒーまたは紅茶のコースが4,212円。メインが魚介と肉の両方のフルコースは6,372円。ほかに神戸牛ステーキセットが6,480円。よりカジュアルに楽しめる神戸ビーフハンバーグは2,138円で1日限定30名。ディナーはフルコースが10,260円から楽しめる。その他各種パーティープランのほか、結婚前の両家の顔合わせに最適なご両家顔合わせ&神戸牛ご会食プランは、個室での会食プランで、6名で64,800円など多彩のコースメニューが用意されている。是非、家族と特別な一日を過ごしに訪れてみてはいかがだろうか。

ワンランク上の極上の一時を楽しむ
ワンランク上の極上の一時を楽しむ

エ・オ<ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカスダイニング14階
電話番号:050-3188-6646
営業時間:11:00〜14:30(LO) 17:30〜21:30(LO)
定休日:あべのハルカス近鉄本店の休館日に準ずる
http://e-o.jp

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ